介護付有料老人ホームで働くには介護関係の資格が必要

介護付有料老人ホームでは介護関係の資格を持っている人達が働いています。

特に多いのはホームヘルパーの有資格者です。



ホームヘルパーの資格は3級から1級まで存在するので、通常は3級を取得することから始めます。

3級の取得は容易ですが、家事の代行サービスしか行うことができません。
注意しなければならないのは、介護付有料老人ホームで身体の介助に関するサービスやその他のサービスを提供することはできないと言うことです。

朝日新聞デジタルのクチコミ情報を求めています。

介護付有料老人ホームでそういった家事以外のサービスを提供するには2級以上の資格が必要になります。
2級は3級を持っていれば三日間の実習形式の講習を受ければ良いので、取得はそれほど難しくありません。
しかし、1級になると難易度が上がります。


まず、前提として2級の仕事をこなせることが要件になります。


そのため、前提として、2級の業務を1年以上行った経験が必要です。
その前提のもと、講習を受けることで取得することができます。
その他にも、看護師の資格などを持っている時は1級と同等の資格を持っていると見なしてもらえることがあります。

ホームヘルパーになるには、実質的には2級以上持っていなければ難しいです。
2級以上を取得したい場合は専門学校に通ったり、ヘルパーを育成するための講習会に参加したりする方が効率的と言えます。講習会は各市町村の福祉課が開催していることが多いのでこまめに広報をチェックすると良いです。

専門学校に通うより市町村が主催する講習会の方が料金が安く済みます。

また通信教育で取得を目指すことも可能ですが実習には参加する必要があります。

現時点で最高の介護付き有料老人ホーム情報は初心者にも分かりやすいです。